一日のルーティーンを整えるためのテレビ壁掛け施工 素人でできるのか?

The following two tabs change content below.
大阪府豊中市 在住 外部セミナー・自宅レッスン・おかたづけ作業でDIY・デジタル・リユースを駆使した【モノ・情報・思考の整理】をお伝えしています。

「テレビを壁掛けにしたい!」という両親の希望を聞いて実家へ。  

幅も奥行きも大きいテレビ台をやめて、📺テレビを壁掛けにしたいとのこと
ゴールイメージは

2階が寒くて、階段を上がり降りするのが危険なので
2階のベットを1階におろし   1階で寝られるように
夫婦二人ともが前向きにテレビを見ながら食事も可能なように。
(前は、母が横向きに座っていたため、正面からテレビを見ることができたらなぁ~)とのこと

大きいテレビ台をのけて、持参していた薄型のテレビ台(IKEA製)に移動 ( テレビを壁掛けにしても小さなテレビ台は必須です。どうしてもテレビアンテナ線・電源・ケーブルやブルーレイレコーダー・などの置き場が必要なため)

テレビの壁掛け金具は父がすでに買っていたのですが、ベットを置くため、玄関テレビフォンを左に寄せる必要が。

そこで、壁に穴を開けずに、玄関テレビフォンを移動すべく(これなら電気工事技師の資格がなくても大丈夫)  
かまぼこ板を壁に取り付けた上に玄関テレビフォンを移動し固定。 配線は隠ぺいできませんが、テレビで隠れるのでOK

テレビアンテナ線・ブルーレイデッキ・外付けハードディスクのHDMI・電源コード・電話機・インターネット・電話のモデム・ルーターの配線とモジュラージャック・電源コードをラベリング

🔶テレビの脚と配線を取り外し、テレビに固定金具を取り付け、壁に壁掛け金具を取り付けます
🔶壁側は、木材が入った部分は、直付け、それ以外の穴には、ドリルで穴を開けてから、アンカーをねじ込みました。
🔶位置が確定してからネジどめ、三人でテレビを待ちあげて固定。

電源コードは、モールでかくして、大きめのコードボックスにしまいました。(3coins製)  
テレビ取り付けより時間がかかったような🤣  

自宅で、テレビを壁に取り付けたい。と何度も考えてみたものの、結局、テレビ本体に取り付け穴がなかったりしたため、直付けを諦め
今回、壁に直付けしたのは初めてでしたが、色々シュミレーションしてきたのが役立ちました。  

ただし、特殊な壁や、アンカー取り付け、高さの調整など不安がある方、あたらしい家で、無駄に穴をあけたくないという方は、プロに頼んでくださいね。
線を繋ぎ変えたりして、ネットや電話が繋がらなくなったりすることもあるのでね。  

が、そうは簡単にいかない。
高さは、木材の固定を重視して、上の方につけてしまいましたが、次の日、母がテレビを見ていると、高すぎて頭が痛くなり、
次週、高さ移動のために再度施工に。
テレビの高さは思いのほか大切。
木材に固定することよりも、

見ていて疲れない高さの方が大事です。
特に、年齢・座高・椅子の高さ・慣れている高さ。よく考えてくださいね。

① 玄関テレビphoneのコードが丸見えになるので、モールを利用
② モール二本で穴を隠す
③ 18cm下へ テレビの固定金具を移動
④ 16か所 アンカーをねじ込み、ネジで固定 (木材固定は高さ的にかなわず すべて石膏ボードへ取り付けることに)

⑤ 配線接続 うつるか確認

⑥ うまくつながってなかったWi-Fi 息子の助言で、有線LANケーブルを持参し取り付けると、インターネットテレビでしたので、ネットフリックスも設定できました。

⑦ 取り外したネジの穴は、急遽、歯磨き粉を詰め(裏技) 目立たぬように。

無事完成

そして、テーブルを二人並ぶために・・・

元々利用していたテーブルは、父の手作り カスタマイズテーブル
使う人数によって、広げたりコンパクトにしたりも可能で、キャスターもつけてあってコロコロとテーブルを移動させることができるのですが・・・・
こちら、向かい合って座るのはいいのですが、並ぶと机の脚が足にあたるのです。


ネットで探してみると、ピッタリな机があるじゃないですか。パソコンテーブルですが、キャスター付きの安定感のある机。ちょうどいい大きさです。

さらに我が家で余ったテーブルを持参 (セミナールームと同じ大きさの、600×1200のIKEAのテーブル)

ホームセンターで購入した、キャスターを取り付け(あらまあぴったり 4個で800円なり) 
こちらは調理台 兼 親戚が集まったときに購入したテーブルとつなげて利用できるように。

これと同じ + キャスター

父の手作りのテーブルは、2階の父の書斎で作業机として利用します。(家庭内・親戚内リユース バンザイ\(^o^)/)

記事のタイトルとURLをコピーする